2018年2月18日日曜日

Fernando Toussaint - Fernando Toussaint (83) Discos Alebrije

メキシコのJazz作品として重要なスーパーグループ、Sacbéのメンバーとして活動をしていたドラマーFernando Toussaintによるソロ作品。

単なるJazz、Fusionとしては片付けられない通して素晴らしい作品です。
ドラマー作品ですが、キーボードの美しさも全編に冴え渡り、ボーカル曲も魅力的で、感動ものです。
この作品を通じて改めてメキシコのジャズシーンに興味を惹かれます。
個人的にMariaBerano En Nueva Yorkが最高にお気に入り。

A solo Album by drummer Fernando Toussaint who was active as a member of Sacbé, an important super group as a Jazz scene in Mexico.

Although it is a drummer's work, also beauty of the keyboard is fairly clear in the full, vocal songs are also awesome, it's impressive.

I will be more interested in the Mexican jazz scene through i listening this album.
Especially, "Maria", "Berano En Nueva York" are my favorite.



0 件のコメント

コメントを投稿

© Deep Dance Music Page
Maira Gall