2021年7月10日土曜日

ビックリハウス - 音版ビックリハウス - ウルトラサイケ・ビックリパーティー (82) Yen Records , Japan

 

日本のカルチャー誌「ビックリハウス」。読者の投稿により構成され、10代後半の若者に影響を与えたと言われる。1975年の創刊ですが、雑誌ではあるが現代におけるニコニコ動画のような投稿者参加型の雑誌だったそうで常連には実は後に有名になる文化人が多くいたとか。

ライナーノーツには、糸井重里、大屋政子、赤塚不二夫、ゲルニカ(戸川純)、高橋幸宏、俳優の伊武雅刀など多くの名前が連ねる。

本作のイチオシは、楽曲は高橋幸宏、リードボーカルは細野晴臣が務める冒頭の"オープニング~ビックリパーティーのテーマ"。

スモーキーな空間漂い、空間がよじれるシンセ、テープ逆回転の音などを盛り込んだ前衛的なパンクロックでダンス視点でぜひプレイしたい。
数年前に関西時代の先輩Mori Raさんに教えてもらいそれ以来大好きな作品。

Bikkuri House is a Japanese culture magazine. It was first published in 1975, and although it was a magazine, it was a contributor-participator type magazine like “ニコニコ動画" in modern times, and many of the regular contributors were cultural figures who would later become famous.

The liner notes include names such as Shigesato Itoi, Masako Ohya, Fujio Akatsuka, Jun Togawa (Guernica), Yukihiro Takahashi, and actor Masatoh Ibu.

The best part of the cassette is the opening song, "オープニング~ビックリパーティーのテーマ" written by Yukihiro Takahashi and lead vocals by Haruomi Hosono.
It's an avant-garde punk-rock song with a smoky atmosphere, space-twisting synths, and the sound of tape spinning backwards.
Mori Ra taught it to me a few years ago, and I've loved this song ever since.

0 件のコメント

コメントを投稿

© Deep Dance Music Page
Maira Gall