2022年8月11日木曜日

A . M . Tala - Bend Skin (92) Cim's Tchamassi , France

 

カメルーン生まれで後にパリに移住し、アフリカンミュージックにあらゆる音楽をブレンドし世界的に知られるほど成功を収めたアーティスト。
それなりにアフリカンミュージックは紹介してきたような気がするのですが、この人の作品をこのブログで紹介するのは初めてです。

時代は1992年、個人レーベルでリリースした作品です。
ハウスだけでなくジャングルなども流行り始めた頃にどんな音を作っていたかというと、かなりタイトで渋いアフロプロトハウスな1曲、"Shing-Ha Shing-Ha"が一押し。後半のドラムマシーンとアフロリズムが組み合わさるブレイクパートが最高にかっこいいです!

また、スークースとZoukを継ぎ合わせたような曲"Teneba"が個人的にお気に入り。明るくてポップな曲ですが、楽しい気分になります。

Born in Cameroon and later moved to Paris, he is an artist who blended African music with all kinds of music and became so successful that he is known worldwide.
I think I have introduced African music to a certain extent, but this is the first time to introduce his work on this blog.

The year is 1992, and this is a work released on his own label.
The song "Shing-Ha Shing-Ha" is a tight and austere Afro proto house track. The break part in the second half, where the drum machine and Afro rhythms combine, is the coolest part of the song!

Another personal favorite is "Teneba," a song that sounds like a combination of Soukous and Zouk. It's a bright, pop song that puts you in a fun mood.


0 件のコメント

コメントを投稿

© Deep Dance Music Page
Maira Gall