2017年10月1日日曜日

Ken Elliott / Body Music (79) RCA

Star Trekが人気のVulcansの印象的なMoogを奏でていたり、Psi-Fiが人気のSeventh Waveの中心人物であるイギリスのコンポーザーKen Elliottによる作品。

70年代にも関わらず様々な音を駆使したDiscoアルバムで通して面白いです。
特にブルースハープから始まるSynth Boogie、I Want Your Bodyや
リズムボックスから始まるAre You Ready等はアメリカのP-Funk、
ミュンヘンディスコとかイタロディスコ等のそれに通ずるものがあります。

イギリスというお国でこの手の音は珍しいのではないのでしょうか。

0 件のコメント

コメントを投稿

© Deep Dance Music Page
Maira Gall