2017年10月21日土曜日

Celio Balona - Voo Noturno (86) Bemol

多数の作品に関わったミナスのピアニスト、Celio Balonaによる作品。
DX-7等の電子機器を多用した素晴らしいフュージョン。
ブラジルらしいリズム感にアコーディオン、彼の声とのユニゾンが気持ちいい、Trem Do Norteや、個人的にこのアルバムのハイライトであるキラキラしたイントロから渋い音色に展開するMid inst. discoなGingaが最高です。

This album by pianist Celio Balona from minas gerais brasil' who was involved in numerous works for music scene of minas.
A wonderful fusion which used many electronic equipment such as DX7.
"Trem Do Norte" is feels good that accordion on brazilian rhythm, unison with his voice.  I think "Ginga" is highlight of this album that mid inst Disco that glittery introspace to a cool sound.



0 件のコメント

コメントを投稿

© Deep Dance Music Page
Maira Gall