2017年9月22日金曜日

Thomas Frempong / Aye Yi (8?) Asona Records

以前ご紹介したDr. K. Gyasi & His Noble Kings / Akwaaba! のリードボーカルを務めるガーナ・ハイライフ界のボーカリストとして著名で、2013年、故郷のガーナで亡くなられたThomas Frimpongによる恐らく80年代の作品。彼は作品によっていろんな名義を使っているので、このタイトルでも少し違います。

この作品はおそらく数あるハイライフの中でも最も今の時代にフィットしたダンスミュージックとして海外で人気の作品です。やはり素晴らしいのは、彼のボーカルですね。ヘタでガクッとなるようなアフリカ音楽のボーカルはたくさんありますが、逆にいいボーカルってあんまりないような気がしていて。

特にMada Meho Soはハイライフの最高傑作だという声(Youtube)もあり、故郷を思う人もいれば、最先端を走るDJも惚れ込んでいる楽曲のようです。確かにボーカルだけでなく、イントロのかわいいシンセや中盤のシンセソロ、6:30程の長さ含めてあまりにも完璧な曲と言っていいでしょう。

個人的に似た曲として、Nana Tuffour / Sikyi Medleyと双璧を成すという感じがします。

0 件のコメント

コメントを投稿

© Deep Dance Music Page
Maira Gall