2017年9月22日金曜日

Charly Kingson / Born In Africa (78) Fleet Records



カメルーンはドゥアラ出身のCharly Kingsonが77年にドイツのミュンヘンを旅行したときにお願い?して録音させてもらい、結局まさかのKlaus Weissがプロデュースし、ものすごくバランスの取れたバックミュージシャンを従えたようです。Passportでもパーカッションを叩いていたElmer Louisらが参加。
何よりすごいのはもっちゃりしつつも、シンセやクラビネットのサウンドが最高のシンセアフロディスコのタイトル曲。

0 件のコメント

コメントを投稿

© Deep Dance Music Page
Maira Gall